カラーコーディネーターの将来性

人の暮らしに溢れている色。色には、心をなごませたり、集中力を高めたりする効果があります。色を取り扱う専門的な知識が求められるのは、ファッション業界や建築業界だけではありません。あらゆる業界・業種でニーズがあり、これからもカラーコーディネーターの存在価値は上がって行きます。 企業に所属し、カラーコーディネーターとして活躍できる場面は増えています。カラーコーディネーターの資格を、社内ライセンスとして認定している企業も多数あります。企業がカラーコーディネーターの資格取得を奨励し、給与や待遇面で優遇するケースも増えてきました。カラーコーディネーターは、仕事に活かせる資格と言えるでしょう。 カラーコーディネーターと言っても3級は基礎的な知識しかありませんから、より実践に結び付けるためには、2級あるいは1級へとステップを視野に入れておきましょう。また、何度もお伝えしたように、インテリアコーディネーターなど関連する資格を取ると将来への展望が開けてきます。 自分がカラーコーディネーターを目指すことの意義を考え、準備を進めましょう。商品開発にかかわりたい、ショップのイメージアップに貢献したい、から3級からスタートするか、2級を狙うかを考えましょう(1級は難易度が高いので)。自分に合う勉強法が見つかれば、あとは最後まで諦めずに頑張るだけです。 色彩の専門家としてスキルを磨けば、思いがけず新たな道が開けることも。カラーコーディネーターの仕事は多彩です。将来の夢は大きく持ちましょう! まずはカラーコーディネーター検定試験に合格すること。フォーサイトの『カラーコーディネート通信講座』で勉強すれば自信になります。その自信は合格後も持続します! 当サイトでは、これからもカラーコーディネーターに関するさまざまな情報をお伝えしていきます。                  ⇒ http://www.foresight.jp/color/


 >>カラーコーディネーター:一番のお勧めの勉強法はこれ!