通信のメリット、通学、独学のデメリット

カラーコーディネーター検定試験の合格を勝ち取るためには、「通信」で勉強するのが一番! では、その理由、根拠は何なのかをお話ししましょう。

◇「通信」のメリット

・好きな時間、好きな場所を選んで勉強できる。仕事との両立ができる。
・テキストや問題集が届きカリキュラムがしっかりしている。講座CD・DVDなどで繰り返し勉強ができる。
・通学に比べて受講料が安く、経済的な負担が少ない。

◇「通学」のメリット

・決まった時間、決まった場所(教室)で勉強できるのでモチベーションが維持できる。勉強に集中できる。
・すぐに質問ができ、疑問点や不明な点を引きずらなく済む。
・机を並べて勉強するので刺激があり、やる気が出る。

◇「独学」のメリット

・経済的な負担が少ない。
・自由に勉強できる。

◆「通学」のデメリット

・逆に、決まった時間、決まった場所に通わなければならない。時間的制約を受ける。
・受講料が高く経済的な負担が大きい。
・希望通りに通える学校が近くにない。

◆「通信」のデメリット

・すぐに質問ができない。
・集中力やモチベーションの維持が難しい。

◆「独学」のデメリット

・合格に必要な勉強ができているか不安(カリキュラムがない)。
・カラーコーディネーター検定試験に関する最新情報が入手しづらい。

これだけではありませんが、すぐに思いつき、納得できる項目を挙げてみました。自分が勉強する環境によって違いますが、経済的な負担やスケジュールが立てやすさ、仕事や学業との両立を考えてください。資格の勉強が初めてなら、なおのこと「通信」がお勧めです。カラーコーディネーター3級なら、あるいは「独学」でも大丈夫では? と考えがちですが、侮ってはいけません。慎重かつ着実に成果を上げるなら、やはり通信講座で勉強しましょう。あとは、どの通信講座を選ぶかが重要なポイント。みなさんは、
フォーサイトの通信講座をご存知ですか?     ⇒ http://www.foresight.jp/color/


 >>カラーコーディネーター:一番のお勧めの勉強法はこれ!