“色を扱う専門家”。それがカラーコーディネーターです。普通の生活では、あまり気に留めない“色”について学び、ちょっとした工夫によって潤いのある生活を提案する仕事。衣食住どれをとっても無色の世界はほとんどありませんから、カラーコーディネーターが活躍するフィールドは多岐にわたります。さまざまなシチュエーションで“色”を取り扱い、視点を変えるだけでアイデアは無限大! 専門知識を身に付け、新しい価値観を生み出せるのが、カラーコーディネーターの醍醐味と言えるのでしょう。
当サイトでは、資格のことや仕事のこと、年収などにスポットを当てながら、カラーコーディネーターのさまざまな話題をご紹介していきます。

カラーコーディネーターとは?

カラーコーディネーターが取り扱うのは、人の暮らしに溢れている“色”や“色彩”(=カラー)。ただ何となく眺めているだけでは気づかないカラーの効用や戦略的な色使いを、企業向けに発信・提案して行くのがカラーコーディネーターの仕事です。

店先に並んでいる商品、それが他のお店と同じ商品だったとしても、魅力的なディスプレイがされているほうにより購入意欲は湧いてきます。お店全体の色使いやコーディネイトは、売上を左右する大きな要素。カラーコーディネーターは、専門的な知識を身に付けた上で、それぞれの店舗に合った提案をすることによって売上UPに貢献します。

小売業だけではありません。メーカーが新商品の開発を行う際、カラーによるイメージはとても大切です。同じデザインのパッケージでも、色使いで印象は違ってきます。商品の持つ魅力を、色彩の面からバックアップするのはカラーコーディネーターの役目。

化粧品なのか、薬なのか、男性向けなのか、女性向けなのか、年齢層は……? カラーコーディネーターは、さまざまな要素を考慮しながら、最適な提案・アドバイスを行って行きます。同じ色が光の当たり具合によって見え方が違うように、カラーコーディネーターの仕事もさまざまな広がりがあるのです。

さらに大きな空間、例えばマンションや住宅展示場などで室内の演出や好印象のインテリアの配置を考える際、カラーコーディネーターの活躍は欠かせません。外観も重要な要素ですが、実際に生活の場として、いかに居心地の良い空間なのかをアピールしなければなりません。小物の配置ひとつで、しかもその色使いで第一印象が違いますから、カラーコーディネーターという専門家の知識、プロとしてのキャリアや感性が求められるのです。
カラーコーディネーターは、人の暮らしを豊かにする色の演出家。ユーザーの多様なニーズに対応し、メーカーや店舗の売上UPに貢献する提案ができるカラーコーディネーターのニーズは、ますます高くなっています。